ドブロワ−クショップ 入門編
(dobro workshop for the begginers)


ドブロギターを弾いてみましょう ( Let's play the dobro )

このページには、ドブロを弾く為の基本となる事柄を載せています。
まず最初に正しい弾き方を憶えましょう。

ドブロギターを弾く時は、左手にスチールバーを持ち、右手の
スリーフィンガーにピックをはめて弾きます。



1.スチールバーの持ち方


親指と中指でバーをはさみます。
人さし指をバーの上に乗せ、軽く曲げます。
親指の位置はバーの前方に来ます。先端から1cm程度空くぐらいにして下さい。*重要
ドブロギターのフレットの上にバーを水平に置き、くすり指と小指は
しっかりと弦につけて雑音をミュートします。


ドブロの弾き方 ドブロの弾き方 ドブロの弾き方 ドブロの弾き方



2.右手ピックのはめ方


右手親指にはプラスチックのサムピックをつけます。
人さし指と中指にはスチール製のピックをつけます。
スチールのピックは、自分の指にフィットするように曲げて下さい。


ドブロの弾き方 ドブロの弾き方



3.右手のポジション


右手をドブロのリゾネーターの中央に置き、安定させます。
親指のサムピックはできるだけ弦に対して真っ直ぐ当てるようにしましょう。

ドブロ入門 ドブロ入門



4.親指のピッキング


親指でのピッキングには普通に弦をはじく弾き方と、弦をはじいてから、
次の弦に当てて止めるやり方(写真参照)の二種類があります。
後者の場合、太くて大きな音が出、又ピックが当たった弦の雑音を
ミュートする事ができ、(例えば、3弦を弾いた場合、2弦の雑音を
消すことが出来る)大変効果的です。*重要


ドブロ入門 ドブロ入門



5.ドブロギターでのバーのスラントのテクニック


バーを斜めに持って和音を弾くテクニックをスラント( Slant )と言います。
バーを弦の上に置いた状態から、左手人さし指を左下方向にねじ込む
ような感じでずらし、親指と人さし指でバーを斜めに持ちます。
角度を調整して、和音になるようにポジションを変えます。


ドブロワークショップ ドブロワークショップ ドブロワークショップ

ドブロワークショップ ドブロワークショップ



ハッシー橋岡のドブロギターのページ

HOME | ドブロとは |ドブロQ&A |ワークショップ | ドブロプレーヤー |プロフィール | ギャラリー | Discography | Link |
演奏予定 |ドブロ教室 | E-mail | KP | ET | ETE | 更新履歴 | 個人情報の取り扱い | サイト マップ |
 

ハッシー橋岡のドブロギターのページ
    


Home
ドブロとは
ドブロQ&A
ドブロWorkshop
日本のドブロプレーヤー
ハッシープロフィール
ギャラリー
Discography
Link
演奏予定
ドブロ教室
E-mail